料理に対するこだわり

  • Day : 2009.05.09
  • Category : Column

初めまして、ロータスフラワーズワン メインシェフの大平です。
本日は当店をご利用頂き、心から感謝申し上げます。
ここでは、当店で扱う野菜や調味料について少しお話しをさせて頂きます。

料理に使用されている高品位な調味料達

使用している調味料は全て、無添加で着色料や合成保存料を一切使っていない物です。
醤油や酢、お酒、味噌などは全て古式作りの物を使用しています。
二年、三年かけて発酵、熟成させた調味料は日本古来からある製造方法で、味わい深く、栄養バランスの高い未精製に近く生の天然調味料です。

塩、砂糖も精製されたものは一切使いません。
精製された砂糖は血糖値を急激に上昇させ、回復力の源であるビタミンB群を破壊し、疲れやすい体を作ります。
精製塩も同様です。
それ故に、天然塩や無精製糖などが注目されるのでしょう。

油に関しましても飲食店に多いシリコン添加油などの使用はなく、無添加の菜種油、オリーブオイルは酸度0.25%以下の無ろ過の厳選されたエキストラバージンオイルを使用しています。
あまりの酸度の低さと、天然素材の良さに定評があり、健康にと直接飲んだり、美顔の為お顔に直接塗っているという事実もあるほどの天然素材となっています。
以上の様に当店で使っている調味料類はこだわり、選りすぐっています。

新鮮、エネルギッシュな野菜達

そして、メインの野菜は現在75%以上が自然栽培、有機栽培又は減農薬の野菜を使用しています。このオーガニックブームの中でオーガニック=美味しいではないということです。

農家さんが、有機栽培や、減農薬の認定をもらのには高額な費用がかかります。
そういった認証のない野菜の中にも認証されているものに匹敵する、鮮度が高く、素材の美味しさが生きている、認証なしの野菜が存在します。

こういった問題から、私は仕入れに関し自らの足で歩き、目で見て、実際に食べて納得のいく野菜を探すことにしました。
私が探す野菜は有機の明記ではなく、真に安全で美味しく、エネルギッシュな野菜です。
サラダなどの生食野菜に関しましては、現在100%自ら納得のいく野菜の使用を実現することができました。
鮮度が高く元気でエネルギッシュな野菜は料理のコクと旨味を引き立ててくれます。

ディナーの料理は感動へと

私は現在10年近いヴェジタリアン(菜食)生活をおくって来ています。
数年にわたり、いくつもの料理店を食べ歩き、ヴェジタリアンの料理として納得いくレストランはないものか。
この欲求が感動を呼ぶ料理への研究と追求に繋がったきっかけでした。

そしてその追求の真骨頂が、良質な大豆タンパクを使ったグルテンや、大豆ハムを使用した料理です。
その多くがディナーメニューにあります。
最大限に旨みを引き出す為に、ほとんどの仕込みを当日に行い鮮度、コク、旨味を逃がさない様に手間を十分に掛けています。
近年増え続けているヴェジカフェ等でも使われていますが、採算を度外視した手間と調理法は他店ではまねができません。
お客様が当店料理への感動へと繋がる理由がここにもあるのです。
今後はこの感動をより多くの人達に味わっていただけるよう、追求をしてまいります。

当店自慢の美味しさは、ディナーにあり!と自負しております。
夜の店内もライトアップによりおしゃれに~
そして落ち着いた雰囲気をつくりだしています。

食した人へ~ おどろきと、感動を呼ぶ料理を~
それでは、お心ゆくまでお食事をお楽しみ下さいませ 


2017 © オーガニック・ベジタリアンレストラン Lotus&Flower's One. All rights reserved.