2011年を振りかえって、、、^^

  • Day : 2012.01.01
  • Category : Blog

こんにちはchefです^^

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします^^
被災地の迅速な復興を心よりお祈りいたします。

昨年は3,11以降、本当に様々な問題が今もなお続いています。
特にフォーカスが当たるのが、原発問題ですね。
まるで東北大震災の副産物のように取りざたされたいますが、それは<事故以前からもずっとあった>わけですね。

地震という<避けることのできない自然現象>の発生で、人類の生命を脅かすほどの<制御不可能なエネルギー>の存在を人々が知るに至りました。

都市ガスなどは<爆発の危険性など>の理由から匂いが付けられています。
これは、事故が発生した時の危険性を考慮しての人工的な処理です。

しかし、ガスの危険性など足元にも及ばない放射能という危険物質には<色も匂い>もついていません。
原発の爆発以降、放射能の基準値の驚くべき引き上げや内部被ばくの調査の不透明さなど例をあげればきりがありませんが、こうした不祥事の事態を考えて、その重大な責任の回避をするために放射能に<色や匂い>を付けないでいるとしか思えないと個人的には感じてまいます。

社会を見回せば、事故当初の放射能は危険だ危険じゃない!!といった低レベルの争いはマスメディアの中でもみられなくなり、セシウムの体内半減期を過ぎた頃から、地元住民の被爆度調査を始めるなど政府の対応のしたたかさを感じます。

これから数年先、情報隠蔽や放射能の<本当の危険度>を知らない、<知らされない>私たち一般市民は、どのようにして自分たちの身を守っていけばよいのか?ということが今年に引き続き来年も重要視される課題だと思います。

私を含め、多くの人々が<本当のリスク>を知らないでいます。
そんな中で社会の風潮の風向きは、原発問題は収束して何の問題もなく通常の生活に戻っています。

<本当の放射能リスクの結果>が見えてくるのは3~5年以内です。
それまでは、やはり<気をつける>という作業は不可欠のように思います。
世界では、東北、関東圏の食品の輸入を禁止している国は未だに多くあり、これが日本という国で暮す我々と世界との危険度の認識ギャップではないでしょうか?

そして、3~5年後に何でもなければそれは素晴らしいことです^^
しかし、<弊害>が現れたときは後の祭りです。
政府を含めだれも責任を取ろうとはしなでしょうし、例え責任をとって<お金>が貰えてもその引き換えにしたリスクは、
私たちの<命>になるわけです。

以下は私なり考えた、いかに内部被爆のリスクを下げて暮らしていくか?という方法ですが、これは今の生活を維持しながら<できることをする>というものです。

1、極力汚染度の高い地域の野菜や米、穀物、家畜を摂取しない。
2、汚染の疑いのある<肥料>を使っている農作物、家畜を摂取しない。
3、定期的な情報公開と、検査をしている食品を摂取するように心がける。
4、基準値の何百億倍もの放射能を海に流してしまいました、、、これは地上の汚染度の比較にならない位の数値です。
  このような現実を踏まえて、魚貝類の摂取をしない。
5、飲料水は、西日本か海外のお水を摂取するようにする。
6、放射能汚染のリスクに押し潰されずに、リラックスした精神状態を作れるようにする。

とこれくらいは最低限、心に止めておきたいですね。
ネガティブにならずに正しく気をつけたいです^^
そして、2012年はどのように<正しく>復興支援に関われるか?ということもお店を通して考えていかなければならない大きな問題です。
個人的には、使用詳細不透明、過剰な中間人件費、税金のかかる<寄付>はできないと考えています。
なので、今は直接的に支援できる道を模索しています。

そして、上記の項目を軸に、さらに洗練された料理を創造し、驕ることなく一度に一歩づつ歩いていきたいと思います。
今年もLotus&Flower’s Oneスタッフ一同精進してまいりますので、皆様宜しくお願い申し上げます。
  


2017 © オーガニック・ベジタリアンレストラン Lotus&Flower's One. All rights reserved.